統合システム搭載用データの作成

 古くからある大量の紙や電子データから、新しく構築したシステムにマッチする搭載用データを作成します。
 複数の全く構造が異なるデータの内容を理解し、旧システムと、新システムとのデータベースのマッピング作業、データの振り分け・各データ間の整合性・文字コードチェックなどの論理チェックを行うことにより、スムーズに移行可能なデータを作成します。
 最終運用形態を理解し、複雑で大規模なデータを短期間で作成し、提供します。

統合システム搭載用データの作成の概要

作業フロー

統合システム搭載用データの作成の概要

作業フロー

  1. 原稿受入確認
    (受入確認リスト作成)
  2. 作業者A・Bに分かれて同じ原稿を専用入力ツールにより入力し、データを作成します。
  3. 入力済A・Bのデータを別のオペレータによりコンペア作業を行い、データを修正します(コンペア結果出力)
  4. チェック作業
    (論理チェックツール)
  5. 投入用データ完成
  6. 新統合システムへ投入作業
  7. 新統合システムでの
    チェック作業
  8. 納品

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談の際には、下のボタンよりお問い合わせフォームへお進みください。

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る